CL-20
イトウ ケンジ

φ20mmの丸棒と板材、角材を連結するための金具。丸棒を通すパイプと板材を固定するためのL字の金具を溶接したシンプルな構造で、 パイプの前面を切り欠くことで、金具の存在感を弱め、丸棒の若干のサイズのブレにも対応できるようにした。仕上げは、ステンレス材に熱をかけ、金属特有の色を出している。

CL-20 is a simple welded joint with a pipe like socket meant for φ20mm poles, and an L bracket that fits flat sheets or square rods of any size to form shelving.
One side of the socket’s form has been removed to minimize the visibility of the metal and to grant flexibility that accounts for slight differences in the width of poles.
As a finish, each joint has been heated to bring out colors unique to stainless steel.


メンバープロフィールへ