GEO DECO WALL
阪上 万里英

今回、西川精機製作所とコラボするにあたり、西川精機製作所の特色である大型のレーザーカッターを利用して制作させて頂きました。 本来レーザーカッターは、平面がきちんと出ていないと綺麗にカットする事が出来ませんが、あえて凸凹のある板を作り、 カットに挑戦して頂きました。板についている凸凹のテクスチャーは”鎚目”といいます。金鎚の叩く部分に加工をして様々な柄をつけています。 また作品に光沢を持たせる事で壁にうつる反射の光のかたちや、レーザーで切り抜いた影のかたちを感じて頂けると思います。日常生活のふとした時に、作品が置いてある空間の光や影の美しさを感じてもらえたらと思い制作しました。

Thanks to this unique collaboration, I was able to take advantage of Nishikawa Seiki industrial laser cutting capabilities.
The initial challenge the factory and I faced in creating this product, was that the laser cutter had difficulties cutting metal sheets decorated
with a traditional hammering texture called 「Tsuchime」, so we had experiment in order to eventually achieve a clean result.
Reflecting light that bounces off it, GEO DECO WALL projects light on one side of the wall while leaving deep shadows on the other,
punctured occasionally by leaks of light from areas cut by the laser cutter. I hope that in the course of regular life, this product can instill in you an appreciation for both the light and shadows that exist in whatever space you are in.


メンバープロフィールへ