Standard pipe item
馬渕 晃

素材には、材料・工程・生産性などに対して定めた基準をもつ規格品が存在します。 時に規格品は大量生産のための産物、決まりきったつまらないものという目で見られてしまいます。 今回のプロジェクトでは真鍮パイプの規格品をつかいサイズを選ぶ、カットする、板を溶接するという、シンプルな加工により、規格品が用途をもち日常生活のシーンに溶け込むような、いくつかのサンプルを提案します。

We often think of everyday raw industrial components and parts as items defined only by their material, potential efficiency and little else. As such, in the eyes of most, said components are boring and unremarkable. For this project, I would like to propose that through the simple processes of cutting and welding, raw components like brass pipes can become practical items in our daily lives.


メンバープロフィールへ