wel-d
宮尾 耕平

これまで学んできた金属工芸の視点から、工業的な溶接技術を捉え直し、ジュエリーとして一つの形にしました。 電気溶接ではピンポイントで金属を溶かし接合していくため、金属の溶けた表情が出てきます。 その表情は普段製品の表面上に出てくることはあまりありませんが、今回はその表情を主役にリング、バングルを制作しました。 溶け合って強く結び付く、金属ならではの特徴の持つ美しさと、それを可能にする技術の美しさを見ていただければと思います。

Drawing from past experience metalworking, I created jewelry based on the application of industrial welding techniques.
The use of arc welding at select points creates a unique aesthetic through a resulting melting of metal.
A ring and bangle were created as mediums to draw out the potential of this technique and produce a look not often seen in ordinary jewelry.
The melting and melding of metal into something strong. Through technology and technique,
we are able to bring a unique beauty out of metal that would not be possible with other materials.


メンバープロフィールへ