鐵鎚目鐳射透彫腰掛
Laser cut Iron Tsuchime Stool
宮川 和音

伝統的な金工技法である「鎚目」と「透かし彫り」を組み合わせた作品(スツール)を制作しました。 鎚目とは金属を金鎚で叩いた跡/模様のことで、透かし彫りとは金属板などを下絵通りに切り抜く技法です。 今回は鎚目模様を意匠に使用し、そこに西川精機製作所によるレーザーカットを組み入れることで現代特有の透かし彫りとしています。このことにより伝統的な金属加工と現代の技術が合わさった作品となっております。

This is a stool that combines the traditional Japanese metalworking techniques of 「Tsuchime」 and 「Sukashi-bori」 with industrial metalworking techniques.
「Tsuchime」 refers to the marks and patterns left on metal through the process of hand hammering,
and 「Sukashi-bori」 is the cutting of sheets of metal or other materials according to drawings.
For this product, 「Tsuchime」 was used for the design process and laser cutting as a modern interpretation of the 「Sukashi-bori」 process.
The product represents a union of traditional metalworking and modern technologically enabled techniques.


メンバープロフィールへ